競馬の伝説のレース集

競馬レースのまとめを解説していきます。年代別、騎手別、レース別にまとめてある動画を解説付きで詳細に説明しています

1999年の競馬 G1レース

1999年に行われた日本ダービー、皐月賞、オークス、宝塚記念、までの動画集です。 1999年の競馬 G1レース 日本ダービー デビュー戦は1位入線もまさかの降着。その後、臆することなく挑戦したエリカ賞で初勝利をあげると、続くラジオたんぱ杯3歳Sも快勝して…

末脚、追い込みの凄いレース

末脚、追い込みの凄いレース サクラチトセオー 92年秋にデビューし、新馬、ひいらぎ賞を連勝したが、本格化は4歳になってから。94年のGII中山記念で重賞初勝利を挙げ、翌年秋の天皇賞では豪快な追い込みを決めてファンを魅了した。 タニノギムレット…

ジェンティルドンナが凄すぎる 強すぎるだろこの馬

ジェンティルドンナが凄すぎる 強すぎるだろこの馬 レーティングランキング|日本史上歴代最強牝馬 オークスの圧勝、ドバイの闘勝、JCでのオルフェーヴルとの激闘のジェンティルドンナの絶対最強牝馬の座をJC世界レコードで楽勝のアーモンドアイがついにとら…

菊花賞比較 最強馬列伝

菊花賞比較 最強馬列伝 三冠馬の菊花賞の勝ちっぷりを比較しました。 あなたにも忘れられない思い出の名馬の姿があると思います。圧倒的な強さでねじ伏せる三冠馬たちのレースの勝ち方をご覧下さい。 レース内容は、ナリタブライアン 菊花賞優勝 ナリタブラ…

アーモンドアイ牝馬三冠馬の軌跡

アーモンドアイ牝馬三冠馬の軌跡 2018年 桜花賞 直線入口で先頭に立ったのはツヅミモンだったが、その外に持ち出されたラッキーライラックが満を持して追い出し、残り200mで捕らえる。あとは後続を突き放すだけというところで、大外から襲い掛かったのが…

チャンピオンズカップとフェブラリーSの両方優勝した選ばれし名馬はたった6頭だけだった

チャンピオンズカップとフェブラリーSの両方優勝した選ばれし名馬はたった6頭だけだった ゴールドドリーム13戦6勝 ゴールドドリームは地方競馬との交流重賞が盛んなダート路線の王者としては珍しい、中央競馬に特化したタイプ。実は成績をJRAだけに絞ると8戦…

競馬1997年レース一覧 上半期

競馬1997年レース一覧 上半期 1997年のG1レースです。 1997年天皇賞春 1997年4月27日京都競馬場、第115回天皇賞… 最後の直線…馬場中央ではサクラローレルとマーベラスサンデーが死烈な叩き合いを繰り広げる!その殺那、馬場の外目を1頭の優駿が疾風となって…

日本競馬三大悲劇レース

日本競馬三大悲劇レース 三大悲劇レース テンポイント第25回日本経済新春杯 語り継がれるテンポイントの悲劇が起きました。 テンポイントは小雪の舞うこの長距離ハンデキャップ重賞でテンポイントは他馬よりも重い66.5kgといった斥量を背負わされました。 し…

武豊騎手が魅せたG1好騎乗10選

武豊騎手が魅せたG1好騎乗10選 オグリキャップといえば、『マイルCS』⇒『ジャパンカップ』異例のG1連闘なども相まり“ド根性”のイメージが強いですが、 そんなオグリキャップで、スマート且つ、横綱相撲をしたのが、武豊騎手のオグリキャップ初騎乗となった『…

電撃引退した藤田騎手の伝説のレース

電撃引退した藤田騎手の伝説のレース 96年ダービーフサイチコンコルド 音速の末脚。 97年有馬記念シルクジャスティス 勝ち切れ無さを払拭しました。ここ一番で末脚爆発 11年天皇賞・春ヒルノダムール 悲願のGI、ゴール前で渾身のガッツポーズをしています。 …