競馬の伝説のレース集

競馬レースのまとめを解説していきます。年代別、騎手別、レース別にまとめてある動画を解説付きで詳細に説明しています

1999年の競馬 G1レース


f:id:taka0522san:20190620164818j:plain

1999年に行われた日本ダービー、皐月賞、オークス、宝塚記念、までの動画集です。

 

日本ダービー

デビュー戦は1位入線もまさかの降着。その後、臆することなく挑戦したエリカ賞で初勝利をあげると、続くラジオたんぱ杯3歳Sも快勝して重賞初勝利を飾る。その後、テイエムオペラオー、ナリタトップロードとともに3強を形成した日本ダービーを2分25秒3のレースレコードで快勝した。

 

皐月賞

2歳夏のデビューするもその後休養を余儀なくされ勝利は3歳春。未勝利~特別~GIII重賞と3連勝し、その勢いそのままに皐月賞に勝った。ダービーはアドマイヤベガの3着で菊花賞はナリタトップロードの2着。

 

オークス

2歳7月に函館競馬場からデビュー。2戦目に勝ち上がり、函館3歳S4着、札幌3歳S7着と伸び悩んだが、京王杯3歳Sを勝ってあっと言わせた。3歳春のクイーンCもレッドチリペッパー、ゴールドティアラらを相手に快勝。桜花賞は8番人気で6着だったが、7番人気で出走したオークスではトゥザヴィクトリー以下に快勝した。

 

宝塚記念

春の天皇賞には出られないグラスワンダーは、まず安田記念を狙った。しかし僅かハナ差2着だった。決して完敗ではなかったと思う。 このあとは順調に宝塚記念へと向かう。最大の注目点は、同期生ダービー馬スペシャルウィークとの初対決だった。一体どちらが強いのか…。日に日に一騎打ちムードが高まっていき、スペシャルウィークが1番人気、グラスワンダーが2番人気に納まった。

宝塚記念・直線  武豊・スペシャルウィークは、的場・グラスワンダーより前でレースを運んだ。4コーナーで先頭に立ったスペシャルウィークはグラスワンダーを一度引き離したが、直線に向くと脚いろが鈍った。そこにグラスワンダーが襲いかかり、最後は3馬身突き放した。

 

Powered by RSSリスティング