競馬の伝説のレース集

競馬レースのまとめを解説していきます。年代別、騎手別、レース別にまとめてある動画を解説付きで詳細に説明しています

見ていて衝撃が走った有馬記念 激闘の記録


f:id:taka0522san:20201220050116j:plain

競馬史上最高の圧倒的、激闘 有馬記念

①グラスワンダー

グラスワンダーの2連覇。1年目は骨折明けの秋2走の不甲斐ない結果から、復活を決めた勝利。

 

②トウカイテイオー

3着以下を大きく引き離す競り合いを半馬身制して優勝。ゴールの瞬間、当時の実況は「トウカイテイオー!奇跡の復活!!」

 

③シンボリクリスエス

引退後は種牡馬となり、主な産駒には菊花賞、ジャパンカップ(ともにGI)で優勝したエピファネイアなどがいる。

 

④ハーツクライ

ディ-プインパクトを1/2馬身差で抑えて見事有馬記念で勝利を飾りました。結果的にディープインパクトはこのレースが唯一の敗戦となっています。

 

⑤オルフェーヴル

気性の難しさを考え、最後まで気を抜かさずに走らせた。軽く鞭を入れるとそくざに反応し「やっぱり凄いな……」と感じた。そして、次の刹那、オルフェーヴルが2着に8馬身もの差をつけ、最後のゴールに悠々と飛び込んでみせた。

 

⑥ダイワスカーレット

第53回GI有馬記念(2500メートル芝)が28日に中山競馬場で開催され、安藤勝己騎乗の1番人気ダイワスカーレット(牝4=松田国厩舎)が逃げ切り優勝。

 

⑦テイエムオペラオー

馬群の間を突っ込んできて力強く抜け出してくると、メイショウドトウをハナ差だけ退けてゴール板を駆け抜けることになります。

 

⑧ヴィクトワールピサ

断然1番人気ブエナビスタ(牝4=松田博厩舎)をハナ差(約2センチ)封じ込める劇勝で2010年の最後を飾った。良馬場の勝ちタイムは2分32秒6。

 

⓽リスグラシュー

4コーナーを回って大外から強襲、先頭に立っていたサートゥルナーリア(3番人気)をアッという間の5馬身差をつけて引退レース完勝し有終の美を飾った。

テクニカル6ハイブリッド・ソフト

Powered by RSSリスティング