競馬の伝説のレース集

競馬レースのまとめを解説していきます。年代別、騎手別、レース別にまとめてある動画を解説付きで詳細に説明しています

やる気がないゴールドシップを横山典弘騎手が神騎乗して優勝する


f:id:taka0522san:20210327110431j:plain

横山典ゴールドシップ常識外れの春の盾V

「まあ、ひと言で言えば、彼らしいですよね。一筋縄ではいかないところが彼らしいですよ」

 

 横山典弘がレース後、そう語ったのはゲートの場面。なかなか入ろうとせず、結局目隠しをされてゲートインすることになったのだが、“彼らしさ”が出ていたのは何もゲートだけではない。スタートからゴールまで、伝統の淀3200メートルのすべてでゴールドシップらしさが爆発したレースだった。

 

「行けたら行こうと思っていたんですけど、やっぱり行けなかったですね」

f:id:taka0522san:20210327110514j:plain



 発馬こそ出遅れることはなかったが、その後のダッシュがやはりつかなかったゴールドシップ。1周目スタンド前に差しかかるころには“ポツン最後方”の位置取りだった。さあ、ここからどう仕掛けていくのか――ファンも関係者もいろいろと予測しただろうが、誰も想像すらしなかった一手を横山典は打ってきた。なんと、向こう正面の坂の上り前からステッキを振るってスパートをかけてきたのである。かつて、菊花賞では3角下りの手前からスパートするという“常識破り”の競馬で二冠目をもぎ取ったゴールドシップだが、今回の戦法はそれのさらに上を行く、いい意味での非常識さである。

 

 奇襲か、それとも狙いすました作戦だったのか――いや、そのどちらでもない。常識では測れないこの競馬こそが、“ゴールドシップの競馬”と言うしかないだろう。

 


やる気がないゴールドシップを横山典弘騎手が神騎乗

 

Powered by RSSリスティング